• ホーム
  • 糖質制限ダイエットで無理なく気長にスタイルチェンジ!

糖質制限ダイエットで無理なく気長にスタイルチェンジ!

2020年04月04日

過度に食事量を減らすなど、厳しいダイエットで一時的に体重を減少できたとしても、その後もとに戻ってしまっては意味がありません。無理のある方法は長続きしないため、リバウンドを招くリスクが高くなってしまうのです。気長にスタイルチェンジを目指すのなら、無理なく続けられる糖質制限ダイエットを始めるのも一つの手でしょう。

糖質制限ダイエットは、糖質の摂取を控えて体型コントロールをする、というダイエット方法です。糖質制限を行うためには、まず炭水化物について詳しく知っておく必要があるでしょう。炭水化物には糖質と食物繊維の二種類があり、それぞれ体にもたらす影響が異なっています。糖質には体内の血糖値を上昇させるという性質がありますが、食物繊維は吸収されないため、血糖値に影響することはありません。糖質制限ダイエットでは、体に吸収される糖質を含む炭水化物を、カットしていくことになります。

体内の糖が不足するようになると、血糖値が上昇しなくなることから、インスリンの分泌が抑制されるようになります。インスリンは脂肪細胞に対し、糖を吸収するよう命令するホルモンです。このためインスリンの分泌を抑えることが、肥満の防止につながるといわれています。

糖質制限のメリットは、食事の総量を減らすことなくダイエットができる、という点にあるでしょう。食事の量そのものを一気に減らしてしまうと、空腹感によってつらい思いをしたり、ストレスが溜まりやすくなってしまうものです。炭水化物だけを意識して減らし、食事内容を調整するようにすれば、無理なくダイエットを続けることができるでしょう。

無理なく体型維持ができると評判になっている糖質制限ですが、長期間にわたり過度に炭水化物をカットし続けると、筋肉量が減少する危険性があります。また疲れやすくなってしまったり、集中力が低下する危険性もありますので、注意が必要です。炭水化物を全く摂取しない、というやり方をしていると、効果よりもデメリット面のほうが大きくなってしまうかもしれません。長期間糖質制限ダイエットを続ける場合は、全体的な栄養バランスを考えながら、食事内容をコントロールしていく必要があります。

適度に糖質の摂取を控え、栄養バランスの整った食事を摂るようにすれば、無理なくダイエット効果を得ることができるでしょう。カロリーや糖質、脂質等について配慮しながら、バランスの良い食生活を送ることが大切です。