• ホーム
  • 食生活を改善して内から美を作り出そう!

食生活を改善して内から美を作り出そう!

2019年10月07日
スキンケアをしている女性

食生活の乱れは、体全体に様々な美容トラブルを引き起こします。とくにお肌への影響は非常に大きく、油分の多いものを食べた翌日にニキビが出来てしまう、ということも珍しくありません。肌荒れ等のトラブルを予防するためには、体は食べたもので出来ている、という意識を持って食生活を改善していくことが大切です。

手足が冷えやすい、むくみやすいといった体質も、食生活によって変えることができるといわれています。冷え性やむくみなどのトラブルは、血行不良によって引き起こされていることが多いため、血流促進効果のある食材を積極的に食べていけば、改善が期待できるのです。バランスの良い食事で内側から体質改善を進めていけば、むくみのないスッキリ美人を目指すことができるでしょう。

年齢を重ねると、肌や毛髪など様々な部分に、変化が生じるようになってきます。肌の手触りが悪くなってしまったり、抜け毛が増えるなどのトラブルが増えたら、老化のサインかもしれません。すぐに食生活を見直して、体の内側からアンチエイジングを始めましょう。

老化防止を意識して食生活を改善するなら、体の酸化を防ぐ食材を積極的に摂取することが大切です。体内に存在している活性酸素は、ウイルスから体を守るという重要な働きをこなしています。しかし増加しすぎてしまった活性酸素は、ウイルスだけでなく健康な細胞を攻撃しはじめ、体を酸化させてしまうのです。内側から抗酸化力を高めて、活性酸素の増加を抑制することが老化防止につながります。

ニキビや乾燥肌、抜け毛といったトラブルは、内臓不良によって引き起こされている場合もあります。たとえば腸の働きが十分でないという場合、便秘によって老廃物が体内にたまりこんでしまい、ニキビや肌荒れを引き起こすことがあるでしょう。また肝臓や腎臓の働きに問題があると、乾燥肌になりやすいといわれています。内臓と肌、髪の健康は密接に関わっているため、体の内部からしっかりとケアしていくことが大切なのです。

偏った食事を避け、バランスよく体に必要な栄養素を摂取していれば、内側から肌と髪に元気を与えることができます。美容に良い食事というと、野菜中心のメニューがイメージされるものですが、肉類や魚の摂取も大切です。野菜だけに偏らず、タンパク質をきちんと摂取することが、健康な肌作りに役立ちます。様々な食材を偏りなく摂取して体の調子をしっかりと整え、健康美人になりましょう。